製本事例

蛇腹折り製本 s-meme#5 

 

せんだい・スクール・オブ・デザイン内メディア軸スタジオで 製作されました蛇腹本、S-memeの第五号。

 

s-meme#5-3

 

およそ 一般的な平行に連なる蛇腹本(経本折)とは違い、

菊全用紙1枚を24分割し、 蛇行するようにS字をきった形で切れ目・ミシン目処理がなされています。

 

P1020278

 

この切れ目&ミシン目に沿って菊全用紙を折りたたむことで一台分の冊子を作りあげています。

 

今回のs-memeの場合、コンテンツのボリュームがこの折丁の二台分に相当したため、

その二台の本文をタイトル帯で包み(巻表紙として)仕上げた形になりました。

 

s-meme#5-2

 

さらに、印刷に関してもこの加工ならではのグラデーション印刷が用いられています。

 

こちらも展開した一面の全紙から、

端から端にかけてうっすらと色調に変化が起こっているのがおわかりでしょうか。

 

このグラデーション印刷の特徴としては、

通常、印刷機をまわす上で1壺/1色というのが基本になりますが、

ここへ1壺/複数の色を投入し印刷機を回すことで混色していくという仕掛けになっているようです。

 

その結果、

刷り出しの一枚目と刷り終わりの一枚では色調に大きく変化が現れます。

 

刷りはじめはそれぞれに分離していたものが、枚数を重ねるにつれ紙の中央部より混色が進み、グラデーションを生み出していくといったしくみです。

 

この特殊蛇腹とサイケデリックなグラデーション印刷という組み合わせもテーマである『地方都市の美術とツーリズム』に収録のコンテンツを意識した装幀によるものです。

 

機会があれば手に取って体感していただけたらと思います。

 

また、全面展開が可能で、且つ蛇腹本の特性を持つ(両開き、広開性がある)この特殊蛇腹折の新しいアイディアでの活用もお待ちしてます。

 

 

 

 

・グラデーション印刷

 

今野印刷株式会社

http://www.konp.co.jp/