お知らせ

新規事業 analog 箔押しスペースについて

0204_ANALOG-0059

 

あけましておめでとうございます

 

年末からの更新だったもので・・・このような口火をきらせていただきます。

 

2月だけにちょっと恥ずかしいですね。

 

 

さて、

新しい年を迎えキクシンでは工場の東側で新規事業analogをオープンさせております。

 

0204_ANALOG-0068

 

 

年末からですのでだいぶ生まれ変わりましたね。

 

 

そんなanalogですがサービスの最大の特徴は、

利用者自らが印刷・加工を楽しめるという点です。

 

例えばこちら、箔押しのできるスペースでは

 

0204_ANALOG-0005

 

好きな紙やクロス・革などに、好きな箔を選んでいただき、好みの印圧加減で箔押しができてしまいます。

 

通常オーダーで頼む際など無難な選択に偏りがちなところを、ここでは思い付きのままに実際に試すことができるため紙と箔との組み合わせの様々な表情を見ることができます。

 

analogでは凸版に映える用紙を常時30種類以上取り揃えており、且つそれらを1枚から購入する事ができるので細かくバリエーションをいかした製作が可能です。

 

つまりは複数の気に入った組み合わせがある場合、必要な分だけ作り分けをするということもできてしまいます。

 

では実際にどんなものを作ることができるか?なのですが、圧をかけるプレートのサイズがA4程となっているので、それ以下のサイズの凸版であれば装着が可能です。

 

例えば大きいものであれば、

・A4判の本のタイトル押しなど

 

中くらいのものであれば

・ポストカードや年賀状・案内状のような大きさのもの

 

小さいものであれば

・名刺や、プライスタグなど

 

一般的に使われやすいものとして例をあげてみましたが、これ以外にもどのように使うかは利用者さん次第です。

 

最近だと市販の紙袋を持ち込まれオリジナルの箔押しを加えて仕上られるという方もいましたのでホント、アイディア次第なのかなと思います。

 

こちらのサービスの利用の仕方なのですが、まずはじめに初回講習を受けていただきます。

というのも、やはりプロ用の機械ですのでまず第一に安全に使用していただく必要があります。

 

といっても、眠くなるようなただの勉強会というわけではありません。

 

実際に機械を動かしてもらい、箔押しを加えた表紙にて好きな本文用紙を選んで組み上げた、オリジナルのリングノートを成果品として持ち帰ることができます。

 

その後の会員利用の際にノウハウのメモ書き用などとしても活用できるノートになるのではないでしょうか。

 

興味のある方はぜひ利用してみてください。